御母衣湖レイクフィッシングスクール2024(11日目)

FISHING SCHOOL

今週のスクール開催時点での御母衣湖の水位は約737mでした。

先週からの水位変動は+1.0mと水位は安定しています。

私も毎週毎週御母衣湖に出かけているので、以前は気づけなかった御母衣湖の状況の変化や魚の動きが新たな発見として見つかることも多く、楽しくスクールをさせて頂いています。

今週も良型の釣果があり是非最後までご一読ください。

2024シーズンのスクールは来週で最終週ですが、ワカサギの魚影も日に日に多くなり気配があります。まだ空き枠がございますので気になっている方はこの機会に体験してください。

それではスクールの様子を見ていきましょう。

11日目のスクールの様子

今週のお客様は愛知県よりお越しのK様。

釣り歴は長く、長良川下流域のサツキマスを長年追ってみえるそうで、湖の釣りは経験が無く初めてとの事でした。

お客様は以前よりジャックガウディの釣りに興味があり、ジャックもお持ちでしたので今回はジギングをメインにスクールを進行しました。

当スクールのレンタルタックルはCASKETのレイクショアジギング専用ロッド、スーパーディスティニー7.4ftとレボリューリョン7.2ftを使用することができます。

タックルはCASKETのご協力もありロッド本体のレンタル料は含んでいません。

リールやラインなどの消耗品費用として1日あたり¥1500でCASKETタックルをお試しすることができるお得なレンタルですので今後の参加を検討される方はぜひジギング専用タックルをレンタルしてみてください。

ロッドはCASKET スーパーディスティニーを使用。

今回のお客様も一日ジギングを体験してみて、操作のしやすいロッドのイメージが湧いたようでした。

今回のスクールは朝から晴天+ベタ凪の天候。

朝一は多少ライズもありましたがすぐに魚が沈んだため、中層のスプーニングをしばらく試して様子見しました。

それでも魚の反応がないのでボトムを狙ってジャックガウディによるジギングをメインにポイントをランガンし、ベイトの気配のある場所を探していきました。

午後にポイント移動をした一投目、すぐさまお客様のロッドが絞り込まれサクラマス特有のヘッドシェイクがロッドに伝わります。

浮上してきた銀鱗の魚は、本命の陸封サクラマス!しかも良型です。

ネットインのお手伝いをさせて頂いて、今週も無事素晴らしい魚との出会いがありました。

陸封サクラマスは42cmの良型。しかも最高のプロポーション。

お客様の自己新記録をこの御母衣湖で更新できたそうで、忘れられない一日になったと言って頂きました。

精悍な顔つきの陸封サクラマス42cm。コンディションも最高です。
まるで海から遡上したサクラマスのような顔つき。ルアーはジャックガウディDSシルバー。
この魚が狙えるのがこの釣りの最大の魅力。釣り方を覚えるなら今です!

今週も最高の週末になりました。

これを機に御母衣湖の釣りを今後も楽しんでください!この度はお越しいただき誠にありがとうございました!

ではまた!

小さな釣具屋モノクローム(Fishing Gear Monochrome)

〒501-5122 岐阜県郡上市白鳥町為真166-2

お問い合わせはこちらまで

TEL:0575-75-1257

Eメール:fishinggear.mc@gmail.com

HP:https://monochrome-world.com/

Instagram:https://www.instagram.com/fishinggear_monochrome/

コメント

タイトルとURLをコピーしました