3/1御母衣湖の水況

FISHING SCHOOL

解禁日の水位と釣果情報

本日3/1は庄川漁協管内の解禁日でした。

2/23に725mあった水位は現在721mになりました。

川の防災情報ー国土交通省HP参照)

6日間かけて約4mの減水。ゆっくり減水しているので条件的には悪くないと思いますが、今からどこまで減水されるかが気にかかるところです。

本日の解禁日には昼から御母衣湖を徘徊して情報収集がてら、水況の確認と実釣もして参りました。

一部釣果があった方も見えたようですが、残念ながら私の仲間内では釣果が無く、全体的には厳しい解禁日となったようです。

水色は庄川支流の落部川や尾上郷川から原因不明の濁りが発生しており、BW付近に釣りが可能な程度の濁りが入っている状態です

恐らくこの濁りは週末にかけて湖全体に広がっていくのではないかと思っていますが釣りが出来なくなるまでの濁りには発展しにくいと予想しています。

(ただし、暫くはどクリアでは無いでしょう)

水況は安定した水位もあって、釣果にも期待が膨らみましたが魚がいるエリアがまだ限定的で魚を見つけながら釣りをしなくてはならない印象です。

数日の間で魚が入ってくることも十分考えられますので、実際に釣りするまでは何とも言えませんが本日のプレ釣行の印象からフィッシングスクールで実際に釣りするエリアはある程度絞っていきます。

さて、では気になる3/1現在の御母衣湖の写真を確認していきましょう。

岩瀬橋近辺エリアの水況

岩瀬橋下流。減水して川になりましたね。

ドライブイン御母衣湖近辺の水況

ドライブイン御母衣湖裏の様子。水位的にはとても釣りしやすく、雰囲気は良好でしたが…。
笹濁り程度です。ただし上流の落部川から濁り発生中でもう少し濁りが入るかもです。
下流に行くともう少し濁りがある印象でしたが、週末にはまた状況も変化していそうです。
御母衣湖に沈んだ村は今もこの時期に姿を現して遺跡のような場所になります。

さてさて、自然相手の遊びなので難しいこともたくさんありますが、スクール参加者がなるべく快適に釣り出来るように状況把握に徹していきますね。

また、状況についてはモノクロブログで紹介していきますので、是非ブックマークもお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました